Staff Blog
スタッフブログ

2015.05.18

お家の勉強会 開催致しました☆

こんにちはhappy02

 

5月16日(土) 

 

もみの木shineお家の勉強会を開催いたしましたshineshine

 

 

 

ご来店頂きましたお客様は、もみ床に直接座って受講して頂き、木のぬくもりに直に触れながらの

楽しい勉強会となりましたhappy01

 

 

講師の佐藤社長は

 

『自然素材の木だから、何でもいい訳ではない!木の特徴を知らないと、かえって体を壊してしまうこともある!』

 『お米と言えば魚沼産!お肉と言えば松阪牛!お米もお肉も名前だけのブランドにこだわらず、その作り手をよく見て選ぶ事が大切。家も同じです。ヒノキを使っています!スギを使っています!木は健康住宅です!とだけの答えしか返って来ないところはダメです!』

 

 

『建築でよく使用する松・スギ・ヒノキ・もみとは良く聞きますが、もみでも40種類以上もあるし、松の中には皮膚をかぶれさせてしまう種類もある。』

 

 

 

私もご一緒に受講させていただきましたが、もみは良い!という一方的な勉強会ではなく、いろいろな木の特徴や、種類を知り、私たちに合った木の選び方を知ることができ、内容が楽しく興味がどんどん湧いてくる勉強会でしたhappy02

 

モミセミ☆内装勉強会.jpg

 

 

もみから出される香りは

 

消臭効果に優れている為  玄関などの収納場に使用したり

ペットを飼っている方にも最適だそうです。dogcat

 

眠りを深くする成分も入っている為、寝室に使用するには最適ですshine

湿度調整にも優れているため、巻物箱やピアノ・バイオリンなどにも利用されています。

 

ここで、お客様からのご質問

mobaq 『木の香りって何年持つの?』

『70~80年は確実なんですが、詳しくは不明ですが、自然乾燥の木材を使用している1400年近い法隆寺の修正時に出たモミの木からは、香りの成分がありました。ただ、木は熱と腐るとダメになってしまう為、お手入れ方法で木の香りの持ちは違います。』

また、3~4ヶ月かかる自然乾燥と3~4日で木を一気に乾かす人口乾燥でも明らかに木の性質が違って来ることもおっしゃっていました。ここは、最初に言っていた作り手を見る!の違いでもあると思います。

木の香りはもともとは、自分を守るために出している成分です。

私たちは敵がきたら逃げる事ができても、身動きの出来ない木はこの香りで害虫よけをして来たのです。

また、柔らかい木ほどこの香りが強く、硬い木は香り成分は少ないのです。

癒されたい空間を作りたいのに、全く異なる木の素材を使用しては意味がありません。

 

木の種類、特徴を理解することで、どんな場所にどんな種類の木を使用するのか?

健康住宅とは、木をただ使用するでけでは健康住宅にならないという事。

半日の講習でしたが、とっても身になり感動し、木の奥深さを感じましたshine

 

また、ご興味のある方は是非次回の お家の勉強会にご参加下さいheart04

お待ちしております。

 

*********************************************
豊橋で注文住宅 木の家 10,000棟の実績!

グッドリビング豊橋店/サイエンスホーム豊橋店
441-8006
愛知県豊橋市高洲町字高洲113-1

店舗ホームページ
HP
http://www.good-living.jp/local/toyohashi/

展示場 10時~1930分まで公開中!!
定休日 毎週火・水曜日
mail
g-toyohashi@nifty.com
TEL
0532-35-9938
FAX
0532-35-7296
メールや電話でもお気軽にお問い合わせ下さい。
******************************************

 

PAGE TOP