グッドリビング株式会社は、静岡県浜松市を拠点に神奈川・静岡・愛知・岐阜で注文住宅・リフォーム・不動産のお手伝い。

グッドリビングスタイル-モミの木の家-
畳の和洋進化型住宅
ZA-坐望-BOU
TOKYO S-1
木の香りあふれる 真壁造りの家
近年の家はいつの間にか、すっかりビニールクロスや合板フローリングに囲まれた家になってしまいました。
真っ白な壁や天井にも洗練された良さはありますが、どこか事務所のような冷たさを感じないでしょうか。
梁や柱が見える真壁造りの家は、木の香りであふれ、人の温かみとよくなじむ、まさに「家」らしい「家」だと私たちは考えます。
真壁造り住宅=純和風の家

真壁造りの家というと、昔ながらの伝統的な純和風の家を想像する人もいるかと思います。しかしながら、真壁だからといって何も畳敷きにすることはありません。

『TOKYO S-1』では、現代の生活様式である椅子やソファーにもマッチする、モダンでありながらも木の温もりを感じられる空間を造り上げます。

合理的でコストを抑えた心地よい家

また、真壁造りというのは、構造材がそのまま意匠材になります。
昔の家を見れば梁がそのまま障子や襖の上レールになっていますし、敷居には溝が掘られて下レールになっています。
これは考えてみると、今、普通に作られている家と比べて、工程がひとつ完全に省略されているということ。
つまり、真壁づくりの家というのは、基本的な無駄を削ぎ落とした、信じられないほど合理的な家といえます。そして同時にコストの掛からない家でもあります。
真壁の家は「住むことを必要とした人に、心地よく、無理せず住んでもらうための家」になり得るはずです。

合理的でコストを抑えた心地よい家
  • 新たな和の可能性
  • 新たな和の可能性
新たな和の可能性

本来真壁の持つ和風なイメージも活かしつつ、今の我々のライフスタイルを豊かにしてくれる空間を追求しました。
たとえば、柱間をパネル化した壁で覆うというプラン。様々な素材を使うことが可能です。壁ではなくサッシをはめ込むこともできます。間仕切りを可動式にすることで、空間の広さを変化させることも可能です。

「ライフスタイルにあわせ進化する木造建築」
それが『TOKYO S-1』の新しい真壁の家です。

ファザードのデザイン

正面の外観(ファサード)は家の顔であると同時に、街並みの表情の一部であるという意識を忘れてはなりません。

重厚感と軽やかさをあわせ持つデザインは、住む人の好みだけでなく、機能的である必要があります。

  • ファザードのデザイン
  • ファザードのデザイン
TOKYO S-1の特徴
裸足が心地よい~モミの木ミネラルストリークの床~
モミの木には、こんな効果があります。
  • 心地良い触感、肌触り
    心地良い触感、肌触り
    柔らかく適度な弾力があり、素足が触れると心地よい感覚が全身に伝わってきます。
  • 木の香り+消臭
    木の香り+消臭
    もみの木は適度なフィトンチッドを発散。生活臭や料理の後の臭い、タバコの臭いなどもすっきり消臭。
  • 調湿作用で快適な生活環境
    調湿作用で快適な生活環境
    もみの木は床材になっても調湿作用を続けています。
    この効果により、結露を防ぎ快適な状態を保ちます。
  • 抜群の省エネ効果
    抜群の省エネ効果
    蓄熱性能が高く、温度の維持できるもみの木の家は冷暖房費も自然に節約。
    健康的に暮らせます。
いつでも快適空間~ハイテク・魔法の塗料 ダヴィンチコート~

塗る断熱材、ダヴィンチコートは現代のナノテクノロジーが生んだハイテク塗料です。

小さな小さなセラミックの球体が外部からの熱エネルギーをシャットアウト、薄い塗幕が、まるで厚い断熱材のような働きをします。

そしてダヴィンチコートの効果は、単なる断熱だけにとどまらず、静音・防湿・空気清浄など様々な複合的効果が心地よい住空間を生み出します。

いつでも快適空間
いつでも快適空間
高い耐久性・耐火性で家族を守る~外壁材 ALC パネル~

ALCとは珪石・セメント・生石灰・発泡剤のアルミ粉末を原料にした建材です。

特長は、軽い・火に強い・優れた断熱性や防音性などがあげられます。 外壁材にALCパネルを採用することによって、他部材では得られない建築物の耐久性・耐火性を実現しています。

外壁材 ALC パネル~