グッドリビング株式会社は、静岡県浜松市を拠点に神奈川・静岡・愛知・岐阜で注文住宅・リフォーム・不動産のお手伝い。

会社からのお知らせ

長い目で見てリーズナブルな外壁をつくるには?
2018.09.25

長い目で見てリーズナブルな外壁をつくるには?

 

家の外壁にはメンテナンスが必要です。

耐用年数が長く、メンテナンスコストが比較的低い材料を外壁に使うことで、数十年という長い目で見たときのトータル費用を抑えることができます。

 


 

■長持ちするガルバリウム鋼板


そんな発想で外壁材をお探しの方にグッドリビングがオススメしているのが、ガルバリウム鋼板です。

ガルバリウムの外壁は耐食性・耐熱性に優れ、耐用年数が長いため、メンテナンスの回数が少なく済みます。



9月25日3.jpg


結果として、「初期費用+メンテナンス費」のトータルコストが安くなることが多いのです。

   


 


■ブラックガルバリウムのモデルハウスがOPEN!



 9月25日2ブログ.jpg

 


クールな印象のブラックガルバリウムを採用したモデルハウスが浜松市南区寺脇町にグランドオープン。

特別見学会を開催します。


 

 

★ブラックガルバリウムの展示場OPEN!!

 

9月25日4ブログ.jpg

 


2018929()930() 10001700


http://good-living.jp/event-information/2018/09/post-504.html

 



 

■自分らしさを表現できる12


 

9月25日1ブログ.jpg

 

今回グランドオープンするモデルハウスは、ユニテハウスの住宅です。

外壁に選べる色はなんと12


街並みにフィットするホワイトやシルバーメタリック、ビビッドなオータムレッド。

優しい風合いのカスタードイエロー など、個性あふれるカラーで自分らしさを表現できます。




気持ちいい風が通り抜ける家をつくるには?
2018.09.20



9月半ばを過ぎ、やっと涼しさを感じられるようになりました。

エアコンに頼らなくても、窓から風を取り入れてさわやかに暮らせる日が増えてきましたね。

 


9月18日公開ブログ .jpg




風通しを考えた家づくり


グッドリビングでは、そんな心地よい暮らしをイメージして、お家の風通しをしっかりと考えることをオススメしています。

 

風の入口と出口を考え、家の中での風の動き方を計算し、窓の位置や間取りを考えることを「通風計画」と呼んでいます。

この計画を立ててから家づくりを進めると、さわやかな秋風が家の中をスーッと通り抜ける気持ちいいお家になります。

座ったり寝転んだりしているとき、体をなでるように空気がふんわりと流れて快適ですよ。



 

ワイドサッシもつけられます


新ブランド「コトハグ」をはじめ、グッドリビングの家には、季節の風を大胆に取り込めるワイドサッシ(大開口サッシ)なども採用できます。

 



土地ならではの風の吹き方


家を建てる土地では、風がどちらから吹く?

その土地ならではの風向き知っておくことも、風通しのよい家づくりに有利です。

1日のうちの朝・夜の風向きの変化や、季節による変化などを押さえておくと、よりよい風通しを実現できます。

風の吹き方をチェックするのは、少し手間がかかりますが、家が完成してから何十年にもわたる暮らしの心地よさが違ってきます。

 

〈夫婦+子供2人〉想定の間取りに凝らされた工夫とは?
2018.09.07

〈夫婦+子供2人〉想定の間取りに凝らされた工夫とは?



ブログ9月7日公開1.jpg

ブログ9月7日公開2.jpg



 

リアルな暮らしを考え抜いた間取り


「住まい・暮らし」のデジタルマガジン「マドリーム」で紹介されたグッドリビングの"夢の間取り"

紹介されたのは〈夫婦+子供2人〉を想定した住空間です。

子育て世代のリアルな暮らしを考え、家づくりのプロがオススメする工夫が満載。


 

●見守りキッチン

例えば、LDKを見渡せるキッチンからは、家事をしながら家族を見守ることができます。

このキッチンなら、フローリングに座って遊ぶ小さなお子さんの様子がわかり、安心。

ダイニングテーブルで宿題に取り組む小学生に勉強のアドバイスをしたり、本読みを聞いてあげたりできます。

 

●リビング階段

玄関から2階の自室に向かうとき、必ずキッチン・LDKを通るリビング階段は、中学生や高校生のお子さんとのコミュニケーションのきっかけに。




 

生活感をスッキリ隠せる


キッチン奥のパントリーには食材を取り出しやすく収納する棚はもちろん、冷蔵庫も置くことができます。

最も生活感が出やすいものを1ヶ所にまとめて"隠せる"ので、いつお客様が来てもスッキリとした空間で迎えられるのがうれしいですね。

 



セカンドリビングとして使える


リビングと同じ高さにあり、大開口サッシを通してフラットにつながるウッドデッキ。

小さなお子さんがいるお家ではどうしても散らかってしまうLDKとは違う、もう1つのリビングとして使えます。


 


より良い暮らしを見出すために


今回ご紹介した間取り以外にも、コトハグには家事や子育てが楽しくなる工夫がたくさん詰まっています。



 

★コトハグ 商品プラン

https://www.good-bunjo.com/plan/

 


★マドリーム Vo.l 21

http://stg.madream.jp/book/shop/c00005/#!1

「マドリーム」は住まい・暮らしをテーマにした電子雑誌です。

自分らしい暮らしをデザインしたい方たちに向けて、旬の情報を無料で発信しています。


冷蔵庫の詰め過ぎにご注意!
2018.08.23

冷蔵庫に食べ物を詰め過ぎていませんか?

冷蔵庫・冷凍庫の詰め過ぎは食中毒の原因になります。ご注意ください!



blog4.jpg

 

 

 

高温多湿な時期はご注意

 

食中毒の原因には細菌やウイルスがあります。

今のように高温多湿な状態が続くと、細菌による食中毒が多く発生します。

例えば、カンピロバクターや腸管出血性大腸菌(O157など)などを原因とする食中毒です。

 

 

 

冷蔵庫に入れておけば大丈夫?!

 

食べ物を冷蔵庫に入れても、庫内が十分に冷えていなければ安全とは言えません。

目安の温度は、

●冷蔵庫 10℃以下

●冷凍庫 -15℃以下

です。

多くの細菌は10℃以下で増殖がゆっくりとなり、-15℃以下で増殖が停止します。

とはいえ、細菌が死んでしまうわけではないので、食べ物は早めに使い切るようにしてください。

 

 

 

詰め過ぎは温度上昇の原因に

 

冷蔵庫が庫内を冷やす能力には限界があります。

食べ物を詰め過ぎると、庫内の温度が上がる原因になります。

冷蔵庫や冷凍庫に入れる食べ物の量の目安は、スペースの【7割程度】です。

 

 

 

開けたり締めたりもよくありません

 

家事動線をよく考えたキッチンでは、お料理をしながら冷蔵庫にパッと手が届き、必要な食材をサッと取り出したり、しまったりできます。

便利なのはいいのですが、開け締めの回数が多すぎると、庫内の温度が上がってしまいますし、電気代もかかります。

夏場のお料理では注意したいですね。

 

 

 

☆家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(厚生労働省)

https://youtu.be/TI03jn2ElbU

マイホームは、目的ではありません。グッドリビングの分譲住宅
2018.08.14

「そろそろ家が欲しいかな...」

忙しい日常から解放されて、ホッと一息つける夏休み。


家族の将来のことを考えて、マイホームのプランを練り始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。




image003.jpg


 

本当に大切なこと


そんな方に、グッドリビングからお伝えしたいことがあります。

「マイホームを手に入れることよりも、家族が一生涯安心して暮らしていくことのほうが、ずっと大切です」

 

家づくりの目的は、家族がいつまでも幸せに暮らしていくことです。

マイホームの夢を叶えることが目的になってはいけません。

 

なぜなら、マイホームを手に入れるために無理な資金計画を立ててしまい、住宅ローンの返済に苦しんだり、やりたいことを我慢したりすることになったら、何のために家を建てたのかがわからなくなってしまうからです。

住宅ローンを払えなくなって、思い出のつまった我が家を手放す方も少なくありません。

 



家づくりで失敗しないために


そんな住宅購入の失敗を防ぐため、グッドリビングは分譲住宅をご提案しています。

月々の出費や、お子さまの成長に伴って増える養育費、老後の資金など。

ご家族が長く安心して暮らすために必要な費用をトータルで考え、マイホームの計画をご提案しております。

 

ご家族にぴったりの価格で高品質✕オシャレなマイホームを実現できるグッドリビングの分譲住宅。販売中の分譲住宅をホームページでご紹介しています。ぜひご覧ください。




image005.jpg



 

☆グッドリビングの分譲住宅


https://www.good-bunjo.com/