グッドリビング株式会社は、静岡県浜松市を拠点に神奈川・静岡・愛知・岐阜で注文住宅・リフォーム・不動産のお手伝い。

会社からのお知らせ

寒さは窓から入ってくる...。一部窓に木製サッシ採用の 「Italica」(イタリカ)なら、~浜松の注文住宅グッドリビング~
2017.02.23

寒さは窓から入ってくる...。

 

家の中の暖かさは、窓などの開口部から逃げていきます。

また、熱を伝えやすい材質でできたサッシは、寒い日にはひんやり冷た~くなり、結露が発生しやすくなります。

 

そこで、グッドリビングは、新商品Italica(イタリカ)の一部の窓に熱伝導率が低い木製サッシを採用。ほかにも、家の中の熱を逃さないためにできることを徹底し、高断熱の暖かい家を実現しました。

 

熱を逃しにくい家なら、あまりたくさんの暖房エネルギーを使わなくても、快適な室温で過ごせます。その結果、従来の住宅と比べて、光熱費を大幅に抑えられます。だから、「Italica」(イタリカ)は、家計にやさしい家でもあります。

 

寒い家で問題になるのは、ヒートショックです。ヒートショックとは、暖かい部屋から寒いトイレや脱衣室に移動した際、血圧や心拍などが急激に変化し、身体がダメージを受けることです。血圧の変動は心臓に負担をかけ、心筋梗塞や脳卒中につながりかねません。

 

暖房を控え目にしたり、就寝時に暖房を切ったりしても、急激に寒くならない高断熱の家なら、ヒートショックの危険性を減らしてくれることが期待できます。

 

イタリアをイメージした洋風住宅「Italica」(イタリカ)は、省エネで暖かさを実現し、健康と家計にやさしい家です。

 

日本の窓を変える。自然素材と断熱の家「Italica」(イタリカ)

http://good-living.jp/style/italica/

 

201702-7.jpg

花粉シーズンに窓を閉め切っても、お家の中がさわやかな秘密~浜松の注文住宅グッドリビング~
2017.02.21

スギ・ヒノキ花粉の飛散数のピークは3月上旬から中旬とのことです。(※)

花粉対策で窓を閉めきるご家庭も多いのではないでしょうか。

そんなときでも、さわやかで快適に暮らせるのが、グッドリビングの家です。

 

※名古屋・東京のピーク予測。2017117日、日本気象協会発表


201702-6-2.jpg

 

グッドリビングの家で窓を閉めきってもさわやかなのは、モミの木のチカラ」のおかげです。

グッドリビングは、全シリーズに「モミの木」を使った最上級床材「ミネラルストリーク」を標準採用

 

この「モミの木」には、強い消臭パワーがあります。

閉め切った家の中では特に気になるタバコや生ゴミ、運動靴などのニオイ。そのニオイのもとであるアミン類と、「モミの木」の持つフィトンチッドが結合し、アミノ酸へと化学変化して臭いを消します。

 

フィトンチッドは、森の中の独特な香りの成分です。フィトンチッドには、人間をリフレッシュさせてくれる効果のあることが、実験で証明されています。

また、フィトンチッドは天然の殺虫剤となり、ゴキブリやダニなどの害虫から家を守ってくれます

 

「モミの木」を使った最上級床材「ミネラルストリーク」のある心地よい生活。グッドリビングのモデルハウスで体験してみてください。

 

☆驚きの消臭能力で、室内に臭いが残りません

http://www.good-living.jp/style/momi/


201702-6-1.jpg

窓際でもひんやりしないのは、なぜ?~浜松の注文住宅グッドリビング~
2017.02.14

窓際でもひんやりしないのは、なぜ?

 

寒い日に窓に近づいたとき、外の冷たさがひんやりと伝わってきた経験はありませんか?

断熱性が低い窓は、熱の通り道のようなものです。せっかく暖房を使って暖かくした家の中の熱が、窓を通って外へ逃げ、窓からじんわりと冷たさが伝わってきます。

 

ところが、グッドリビングが標準採用している窓なら、窓際で冷たさを感じることもなく、快適な室温で暮らせます。

 

グッドリビングの窓は、「樹脂」Low-E複層ガラス」によって国内最高の4つ星断熱性を実現した高性能樹脂窓APW330

momi(モミ)」、「PlusOne(プラス・ワン)」、「Italica(イタリカ)」、「Gラボ」に標準採用しています。

家の中のあたたかさを逃がさないため、光熱費をグンと抑えられる経済的な窓です。

 

また、高性能樹脂窓をはじめとする最新技術を投入した高気密・高断熱の家は、室内の温度を均一化できます。それにより、温度の急激な変化による血圧変動などが原因で起こる「ヒートショック」の危険を軽減でき、健康で安心な暮らしをサポートします。

 

グッドリビングが「momi(モミ)」、「PlusOne(プラス・ワン)」、「Italica(イタリカ)」、「Gラボ」に標準採用する高性能樹脂窓「APW330」。その性能をぜひ、モデルハウスで体感してください。

 

部屋の温度を均一化し、ヒートショックのない安心な暮らし

http://www.good-living.jp/style/momi/


201702-4.jpg

調湿作用に優れた「柾目(まさめ)」とは?~浜松の注文住宅グッドリビング~
2017.02.09

調湿作用に優れた「柾目(まさめ)」とは?

 

部屋の中が乾燥しているときには、「モミの木」の内装材が水分を吐き出して空気に潤いを与えてくれます。逆に湿気が多いときには、水分を吸収してくれます。

 

このように水分を調整するチカラを調湿性能といいます。

グッドリビングが全シリーズに標準採用している「モミの木」の最上級床材「ミネラルストリーク」は、この調湿性能が抜群です。

 

グッドリビングの「ミネラルストリーク」は、調湿性能が優れている「柾目(まさめ)」の床材を使っています。柾目というのは、上下にまっすぐに通った木目のことです。また、木目がそのように見える面のことも柾目と呼びます。丸太を切るときに、中心に向かう方向で切ると、柾目が現れます。

 


一般的には、床材に使われるのは、木材を年輪の接線方向に切った「板目(いため)」が多いようです。しかし、板目は柾目に比べ、調湿作用が少なくなります。


そこで、グッドリビングは昔からの知恵を活かし、柾目の「モミの木」を床材として使っているのです。

 

グッドリビングが全シリーズに標準採用している「モミの木」の最上級床材「ミネラルストリーク」は、湿気を放出して家の中を適度な湿度に保ってくれるため、乾燥しがちな冬でも心地良く暮らせます。また、夏には余分な湿気を吸収してくれるので、家の中はサラサラ。「ミネラルストリーク」は年間を通して、私たちの快適な生活をサポートしてくれます。

 

☆素足で暮らす「モミの木」の家

http://www.good-living.jp/style/plusone/


 

少しの暖房であったかく暮らせる家とは?~浜松の注文住宅グッドリビング~
2017.01.31

ちょっとの暖房で暖かい。暖房を切っても、すぐに寒くならない。

そんな快適で省エネの家をグッドリビングはご提供しています。

 

家の中の暖かさが外へ逃げやすい家では、たくさんの暖房エネルギーを使い続けなければ寒くなってしまいます。

反対に、家の中の暖かさが外へ伝わりにくく、外の冷たい空気が入ってくることもない家なら、暖房を少し使うだけで暖かくなります。暖房を停止させても、急に寒くなることはなく、室温の下がり方が緩やかです。

このような家が、高気密・高断熱の家です。

 

深夜や早朝に家の中が急激に寒くならず、廊下やトイレも居室と同じくらいの室温を維持できる家は、健康な暮らしにつながります。例えば、温度の急激な変化による血圧変動などが原因で起こる「ヒートショック」の危険性を軽減してくれます。

 

ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)相当の気密・断熱性能を持つ家なら、快適性と省エネ性が特に優れています。暖房に頼り過ぎない健康的な暮らしを実現できますし、年間の光熱費を大幅に抑えられます。もちろん、CO2排出削減に協力することにもなります。

 

少しの暖房で暖かく暮らせる家のことなら、ZEHビルダー」でもあるグッドリビングにご相談ください。


201701-8.png