グッドリビング株式会社は、静岡県浜松市を拠点に神奈川・静岡・愛知・岐阜で注文住宅・リフォーム・不動産のお手伝い。

会社からのお知らせ

クリスマスツリーに使われる木と言えば?
2017.12.21

クリスマスツリーに使われる木と言えば?

そう、「モミの木」です!

 

グッドリビングの一部ラインナップの床にも使われている「モミの木」。今回は、その「モミの木」とクリスマスツリーの話題をお届けします。

 

201712-6.png


クリスマスツリーに使われるのは、どんな木?

日本ではもっぱら「モミの木」が使われるクリスマスツリーですが、松やヒイラギ、月桂樹などが使われる地域もあるそうです。これらの木に共通しているのは、"常緑樹"ということです。

 

常緑樹は命の象徴

常緑樹は、寒い冬でも緑の葉が繁り、永遠の命を思い起こさせます。キリスト教以前の欧州で、常緑樹を命の象徴として家の中に飾るようになったことが、クリスマスツリーの起源とも言われます。

 

8世紀に始まったという説も

クリスマスツリーの始まりについて、8世紀までさかのぼるという話もあります。イギリスからドイツに派遣され、布教活動をしていた聖人が、「モミの木」を命の象徴として現地の人々に与えたとされています。

 

「モミの木」は家を守ってくれます

「モミの木」は、針葉樹に多いフィトンチッドを発するため、ゴキブリやダニなどの害虫から家を守ってくれます。また、まるで森の中にいるような、さわやかなリフレッシュ効果があることも実験で証明されています。フィトンチッドはイヤなニオイの素となる物質を別の物質へと変えてしまうチカラもあります。

さらに、「モミの木」が持つ調湿効果も、快適な空間づくりに役立ちます。

 

「モミの木」のチカラを体感したい方は、床などの内装材に「モミの木」を使ったグッドリビングのモデルハウスへ、ぜひ遊びにきてくださいね!

 

★モミの木を贅沢に使用した最上級の暮らし「momi(モミ)」

http://www.good-living.jp/style/momi/